マイナンバーカードで住民票や印鑑登録証明書を取得できます 葛飾区担当の行政書士より

WEB予約はこちら

ブログ

マイナンバーカードのメリットとは 葛飾区担当の行政書士より

2020/09/09

マイナンバーカードのメリットとは

冒頭

 

恐れ入ります。

行政書士の糠信 一善(ぬかのぶ かずよし)です。

 

今回はマイナンバーカードのメリットについてお伝えしていきます。

マイナンバーカード・・・、もう申請されましたか?

 

キャッシュレス決済とマイナンバーカード発行を進めるために、

 

2020年9月1日~2021年3月31日まで、

一人あたり最大5,000円分のポイント付与期間

 

となっております。

よろしければ、この機会にお作りになるのはいかがでしょうか?

マイナンバーカードでできること

 

では、マイナンバーカードでできることとは何でしょうか?

忙しい中、『わざわざ』申請しないといけないですし(顔写真も必要ですし・・・)、メリットがないと欲しくならないですよね・・・(汗)。

 

一緒に確認していきましょう。

現時点では、主に以下の4つがあると思います。

 

1 マイナンバーを証明できる

 ※当然ですよね・・・

2 身分証明書として利用できる

 ※運転免許証を持っていない方は便利です

3 行政手続きのオンライン申請ができる

 ※子供関係やe-tax(オンライン確定申告)の申請ができます

4 コンビニで住民票や印鑑登録証明書を取得できる

 ※相続時や車を買ったとき、その他住民票が必要になる手続きで役立ちます

本人確認書類として利用できます

 

マイナンバーカードは本人確認書類として利用できます

これは運転免許証をお持ちでない方には結構便利です。

 

運転免許証をお持ちの方でも、一旦マイナンバーカードを持つと、以降の本人確認書類として提示はマイナンバーカード、という方もいらっしゃいます。

わたくしもマイナンバーカードを手にしてからは、本人確認書類として提示するときはマイナンバーカードを使っています。

 

また、行政的な手続きなどでマイナンバーが必要な手続きで、マイナンバーカードがないと、

1 マイナンバーが記載されている通知カード

2 運転免許証など

の2点を提示しなければなりませんが、

マイナンバーカードですと、1点で済むところもメリットだと思います。

 

参考情報として、

・ 2020年2月4日から新しく発行されるパスポートは税法上の本人確認書類として認められなくなります。

※あまりパスポートを本人確認書類として利用している方は多くなさそうですが・・・

 

・ 2020年5月25日から新たな通知カード発行廃止

 ※現在お持ちの通知カードはそのまま使えます。

コンビニで住民票や印鑑登録証明書などを取得できます

 

マイナンバーカードがあれば、わざわざ区(市)役所や区民事務所や出張所などに行って、順番待ちしなくても、コンビニで取得できるようになります。

 

コンビニにあるマルチコピー機で行政サービスを選択し、説明に従っていけば、その場で書類が出力(印刷)されます。

 

利用日時も良いです。

区(市)役所や区民事務所や出張所などだと、土日はお休みですよね。

マイナンバーカードなら、土日も印刷できますし、時間も、

6時30分~23時

と早朝や仕事後でも割と好きな時間に取りに行くことができます。

とても便利ですね。

 

さらには、50円から100円安く取得できます

待たなくてもいいうえに、ちょっと安くなる・・・、少しお得ですね。

 

他には、

 

・住民票記載事項証明書

・各種税証明書

・戸籍証明書

・戸籍の附票の写し

・所得証明書

・課税証明書

 

の取得ができます。

子育ての手続きもオンラインでできる

 

女性にとって便利なサービスです。

毎年6月の、

児童手当の現況届

がオンラインで申請できます。

 

他にも、

 

・ 妊娠の届け出

・ 保育園の利用申し込み

・ 幼稚園の支給認定

 

といった、子育て関連の手続きがオンラインでできますので、わざわざ書類を集めに行ったりする手間が省けます。

 

オンラインの手続きには、

『マイナポータル』と検索

し、サイトへ行けば、様々なサービスを確認できます。

e-Taxが使えます

 

e-Tax・・・、オンラインでの確定申告の手続きです。

わたくしもこれで申請しています。

 

正直言って、良いところ、悪いところがあると個人的には感じています。

e-Taxをするためには、端末(パソコンやスマホ)の利用環境を整えないといけません

わたくしはパソコンで確定申告を行っていますが、

 

・ カードリーダーを買う → インストールする → 使い方を覚える 

・ 何か他にもパソコンの利用環境のために設定したような・・・

 

といった、スムーズでにできるようになるまでの障害があります。

これがパソコンに詳しくないわたくしには結構苦痛でした・・・(笑)。

設定が終わった今ではスムーズに申請が行えています、が、メリットをお伝えするコーナーでデメリットをお伝えして申し訳ありません・・・(笑)。

 

また、控除額にも影響してきます。

個人事業主ですと、青色申告の控除額が65万円から55万円に減るのですが、

e-Taxをすれば、引き続き65万円の控除額でいられます。

 

まとめ

 

今回はマイナンバーカードについて紹介させていただきました。

顔写真の準備が面倒だったり、申請しても1ヶ月くらいはできあがらない、といったところもありますが、一旦手にすれば、それなりのメリットもります。

 

もしまだお持ちでなければ、申請をお考えになってみてはいかがでしょうか?

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。