一時支援をもらえる具体的な事業者とは 葛飾区・江戸川区の行政書士

WEB予約はこちら

ブログ

一時支援をもらえる具体的な事業者とは 葛飾区・江戸川区の行政書士

2021/04/17

一時支援金をもらえる具体的な事業者とは

お世話になっております。

行政書士葛飾江戸川総合法務事務所のアテンドキャラクターの細谷叶恵です。

本日は、一時支援金をもらえる具体的な事業者について紹介しています。

うん、確かに一時支援金をもらえる対象者の説明が抽象的すぎて全然わからなかった…。

一体誰が対象者なのかもっとはっきりと知りたいよ。

今回はより具体的な事業者を紹介していくから参考にしてね。

皆様も是非ご参考頂き、

「自分って給付対象者なのかな…?」

という疑問を解消してください。

では、具体的な一時支援金の給付対象者について紹介していきます。

 

食品加工、製造業者

・惣菜製造業者

・食肉処理、製品業者

・水産加工業者

・飲食加工業者

・酒造業者

などです。

 

器具、備品業者

・食器、調理器具、店舗の備品、消耗品を販売する事業者

などです。

 

サービス事業者

・接客サービス業者

・清掃事業者

・廃棄物処理業者

・広告事業者

・ソフトウェア事業者

・設備工事業者

などです。

 

流通関連事業者

・業務用スーパー

・卸、仲卸、問屋

・農協、漁協

・貨物運送事業者

などです。

 

飲食店、器具、備品等の生産者

・農業者

・漁業者

・器具、備品製造事業者

などです。

あら、随分具体例が出ていてわかりやすいわね。

とりあえず、これらは飲食店関係の事業者みたいだね。

さらに、主に対面で個人向けに商品、サービスの提供を行う B to C 事業者についても紹介します。

 

旅行関連事業者

・昼間営業等の飲食店等

・ホテル、旅館等

・タクシー、バス等

・博物館、美術館、動物園、水族館、公園、遊園地、公衆浴場、興行場、興業団等

・土産物店等

 

そのた事業者

・映画館、カラオケ等

・雑貨店、アパレルショップ等

・理容店、美容室クリーニング店、マッサージ店、整骨院、整体院、エステティックサロン、結婚式場、運転代行業等

 

などです。

人と対面しないといけない仕事はかなり入ってくることになるね。

これなら飲食店関係以外の事業者も一時支援金の対象になってくるね。

最後に、上記事業者への商品、サービス提供を行う事業者です。

 

・食品、加工製造事業者、清掃事業者、業務委託契約を締結しているタクシードライバー、バスガイド、イベント出演者、卸、仲卸、貨物運送事業者、広告事業者、ソフトウェア事業者

 

なども対象になります。

本当に…、コロナの影響を受けた多くの事業者が対象になってくるんだね。

少しでもコロナの被害を受けた事業者に確実な資金が届いてもらいたいね。
本当に…、コロナで日本がこんなになってしまうなんて去年の今頃は考えもしなかったよ…。

お世話になっております。

行政書士葛飾江戸川総合法務事務所の糠信一善です。

 

4月24日現在で、弊所は一時支援金の事前確認と申請代行を計15件ほど行いました。

アパレル関係や飲食店の設備工事をされている方、色んな業種の方の申請を行いました。

感想として…。やはりなかなか申請は進んでいないようです…。
 

弊所は一時支援金の事前確認も申請代行も有料ではございますが、それでも、少しでも皆様のお役に立ちたいと思う気持ちはございます。

ご連絡を頂いたときは全力でサポートさせて頂きます。

 

東京都は、4月25日から3度目の緊急事態宣言が発令されます。

収束の見えないコロナは本当に日本の生活のあり方を変えてしまいました...。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。