持続化給付金は行政書士のお任せください 葛飾区・江戸川区の方へ

WEB予約はこちら

ブログ

持続化給付金の申請代行は行政書士にお任せください 葛飾区の方へ

2020/06/22

持続化給付金は行政書士にお任せください

行政書士が持続化給付金で役に立てること

 

恐れ入ります。

行政書士の糠信 一善(ぬかのぶ かずよし)です。

 

持続化給付金はやりたいけど、やり方がよくわからない…。

持続化給付金のホームページを見たけど、色々なページがあってもう嫌だ…。

持続化給付金については日々色々変更もされていて、本当に大変だと思います。

 

持続化給付金は行政書士が担当の士業であることもなかなかご存知ないと思います。

但し、その行政書士でも代理申請することはできません

 

「そう…、持続化給付金って、自分でオンライン申請するのが原則だよね。

それで、行政書士には何ができるの…?」

 

ということになりますよね。

 

行政書士ができること、それは…、

1 パソコンなど通信端末や環境の貸し出しができます。

 また、申請時に行政書士のメールアドレスを入力することができるので、行政からの返信メールも行政書士が受けて、申請の修正を行うことができます。

 

2 必要資料のデータ化ができ、そして皆様のパソコンなどの端末を使って、皆様の同意や意思を確認しながら代わりに入力作業をし、申請の送信ボタンを押すところまでできます。

※注 ですので、「資料を預けて、あとは画面を一緒に見ずにただコーヒー飲んで待つだけ」はいけません。

 「これで大丈夫ですか?」ときちんと意思確認させて頂きます。

行政書士以外の士業ができること

 

先ほど、申請フォームの入力と送信(支援者による支援)は行政書士が行うことができると記載しましたが、、それで報酬を請求できるのも行政書士だけです。

それは、申請フォームの入力と送信は、国に提出する書類作成という行政書士の専管独占業務に該当するからです。

 

では、行政書士以外の士業が今回の持続化給付金で皆様の役に立てることはないのでしょうか?

実は無償であれば、行政書士以外の士業でも行うことができます。

そのため、日本各地に無料サポート会場が設置されています。

 

また、有償でも、申請手続きや操作方法の説明、必要資料のチェック作業などは行政書士以外の士業でも行うことができます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。